会社沿革

会社沿革

株式会社竹徳の沿革

1905(明治38年)〜 1970(昭和45年)
年代内容
1905年 明治38年初代 矢口徳三郎 墨田錦糸にて竹材商卸業を創業
1913年 大正 2年現在の本社所在地に移転
(建設資材及び仮設用足場丸太を主に都内小売業者を対象に取り扱う)
1937年 昭和12年二代社長に 矢口勝一 就任
1951年 昭和26年改組、販売先を建設業者直接取引とし、
仮設鋼材のなかった時代仮設足場材を扱い、大きく増伸する
1965年 昭和40年現 規格建築部の前身『海外部』開設
(海外プラント工事向 資機材をFOBベースで取り扱う)
『不動産部』開設、自社賃貸マンション完成とともに経営に乗りだす
1966年 昭和41年三代社長に 矢口徳一郎 就任 資本金1,200万円に増資
1970年 昭和45年『建築部』開設
1971(昭和46年)〜 1985(昭和60年)
年代内容
1971年 昭和46年『海外部』、グアム島にてグアム発電所現地工事に参画(SV派遣)
1974年 昭和49年江東区新木場に木材販売部門を移転し、東京営業所開設
1975年 昭和50年現在の本社併設 竹徳マンション完成(テナント・賃貸マンション)
1978年 昭和53年建設業許可・一級建築士事務所登録 取得
1979年 昭和54年『海外部』三菱重工業樺キ崎造船所殿より
サウジアラビア ヤンブー現地工事受注(FOB+現地工事)
1980年 昭和55年同 サウジ アルジュベール受注(初のフルターンキー受注)
1981年 昭和56年四代社長に 佐藤守 就任
資本金3,600万円に増資
損保代理店開設
1983年 昭和58年長崎営業所開設、『設計部』(プラント構造設計部門)併設
アラビア ラビー受注
コンサルタント居住施設(本工事)
・エネルギー工事(造水・電気)を併せ受注
1984年 昭和59年クウェート アズール受注(サウジからの資機材の輸出入にも関与)
1986(昭和61年)〜 現在
 
年代内容
1992年 平成 4年千葉営業所開設 千葉市に「千葉竹徳ビル」完成
1993年 平成 5年高齢化社会を見据え 老人福祉への貢献を果たすべく
社会福祉法人設立準備に着手
1995年 平成 7年社会福祉法人 青翠会 設立認可、理事長に社長 佐藤 守 就任
1996年 平成 8年施設認可・開所
2001年 平成13年改組51期3月より 四代社長 佐藤守 は代表取締役会長に就任
五代社長に 鈴木康彦 就任
2007年 平成19年新木場竹徳ビル竣工
2009年 平成21年第1回私募債発行 三菱東京UFJ銀行 5,000万円
2011年 平成23年第2回私募債発行 三菱東京UFJ銀行 5,000万円
第3回私募債発行 みずほ銀行   10,000万円
2012年 平成24年宅地建物取引業の免許取得・開業
第4回私募債発行 三井住友銀行  10,000万円
2013年 平成25年長崎営業所 設計部 ISO9001認証取得
第5回私募債発行 三井住友銀行  10,000万円
第6回私募債発行 みずほ銀行   15,000万円
不動産開発事業
第一弾  緑4丁目計画始動
第二弾  向島5丁目計画始動
2014年 平成26年 不動産開発事業
第三弾  駒沢2丁目計画始動
第四弾  向島1丁目計画始動
第五弾  白河2丁目計画始動
第7回私募債発行 三井住友銀行  10,000万円
第8回私募債発行 三井住友銀行  10,000万円
2015年 平成27年 不動産開発事業
第六弾  三筋1丁目計画始動
第七弾  竜泉3丁目計画始動
第八弾  堀切3丁目計画始動
第九弾  菊川1丁目計画始動
第9回私募債発行 三井住友銀行  10,000万円
2016年 平成28年 不動産開発事業
第十弾   石原3丁目計画始動
第十一弾  寿1丁目計画始動
第十二弾  北大塚3丁目計画始動
第十三弾  浅草6丁目計画始動
不動産開発事業シリーズ名称:「VIRTUS:ヴィルトス」と命名
多古太陽光発電所 TA-COソーラーパワーステーション運開
第10回私募債発行 千葉銀行  10,000万円
立川再構計画(Tatekawa Refine Project) 構想発表
2017年 平成29年 立川再構計画 始動
不動産開発事業
第十四弾  本所立川計画始動
第十五弾  常盤2丁目計画始動
第十六弾  中野弥生町計画始動
第11回私募債発行 三井住友銀行  10,000万円
第12回私募債発行 三井住友銀行  10,000万円
弊社創業時を彷彿とさせる原風景 葛飾北斎 富嶽三十六景「本所立川」