特集記事

特集記事

シックハウス対策

「シックハウス症候群」住宅が原因の病とされ、「新築病」「引越し神経症」などとも言われています。新築、改築した室内で、内装材・塗料・接着剤・家具等に使われている化学物質によって引き起こされる健康被害です。我社におきましては、この対策を設計・施工の標準装備として確立し設計に組み入れております。

 住宅の高気密化・高断熱化の推進により、結露や室内の空気汚染も複合的な要因として係わっております。その予防対策として以下の通りの標準仕様を定めております。

  1. 床のフローリング材・合板等の建材は、低ホルムアルデヒド建材・等級レベルF1を標準品としています。(JAS規格によりF3〜F1の3等級に区分されており、F1は最上等級です)造り付け家具におきましても家具に用います合板類は、この基準を準拠しています(既製品家具の購入に際しましては、お客様にアドバイスをさせていただきます)。
  2. 壁・天井のクロスを貼るために接着剤を用いますが、ノンホルマリン型接着剤を使用することを標準としています。
  3. 室内の空気汚染は、こまめな空気の入れ替えこそ最良な手段ですが、これを機械的な換気にて行うことで補おうというものです。24時間換気設備をお薦めしますが、お客様のニーズにより様々なご提案を差し上げ、選択いただけます。