特集記事

特集記事

竹徳BIM(Building Information Modeling)の取り組み
現在当社ではBIMの導入に取り組んでいます。

※BIMの3次元モデリングのイメージ図(構造データからの変換、専用CADソフトによるモデリング)

 BIMとは?
 Building Information Modelingの略称であり、言わば一つの建物に関わる全ての業務をまとめるシステムです。


竹徳BIMグループの目指す形


建築工事の近い将来


 建物には、意匠設計、構造設計、施工管理、積算、工事業者、材料機器メーカー、審査機関、不動産、警備、維持管理など多くの会社が関わります。これまでは、これらの会社はそれぞれ独自のツールを使い、それぞれが必要なデータを作成し処理してきました。

 しかし、BIMの登場でそれは一変します。

 BIMを共有するグループ内の会社は、担当する情報をこのモデルにインプットし、必要な情報をリアルタイムにこのモデルからアウトプットすることができます。

 BIMを使用した設計は、コンピュータ上で実際に建物を建てるように、エレメントを3次元空間で組み立てながら進められます。ここでいうエレメントとは、柱、床、仕上、ドアなど、建物を構成する全てのパーツのことを言います。このようにして完成した3次元モデルを、バーチャルリアリティーを使い、デザイン・エンジニアの両面から検証することもできます。

 BIMの3次元モデルが通常の3次元CADと違う点は、その個々のエレメントに多くのデジタル情報を入力することができる点です。それは、サイズ、材質、物理的性質、価格など、私たちが求める情報のすべてです。これはグループ内のあらゆる業務のデジタル化を促し、BIM利用者の創意工夫により、作業の効率化、制作の自動化、確実なコスト管理など、多くの業務改革が可能となります。

 これによりグループ全体の生産性の向上を実現することができます。

 労働人口の減少は建設業界の大きな問題です。当社では、これを解決するツールがBIMであると考えております。業務改革による生産性の向上を図り、労働環境の改善を急がなければなりません。若者の関心をこの業界に向けさせ、優秀な人材を確保していかなければなりません。

 当社は、この目的を実現するためにBIMの完全活用を目指しています。